産業廃棄物処理とリサイクル

循環型社会、自然共生型社会、低炭素社会の実現に向けて、
三和興業にできることを一つ一つ取り組んでいます。

 循環型社会、自然共生型社会、低炭素社会の実現が世界共通の大きな課題となっている現在、私たちは、産業廃棄物処理のエキスパートとして地域環境や地球環境に配慮しつつ、産業廃棄物の排出抑制とその適正な処理、そして、リユース・リサイクルとエネルギーとしての有効利用に日々努めています。
 私たちができることに一つ一つ取り組みながら、持続可能な社会の構築に向けた活動を展開してまいります。

[問題視される建設系産業廃棄物と解体系産業廃棄物とは]

 建設系産業廃棄物とは、建物の新築・改修・解体及び土木工事において発生する、コンクリート・ガラス・木材などのいわゆる瓦礫のほか、あらゆる種類の建材、土砂など様々な物質により構成されています。その中でも、解体系産業廃棄物は解体工事に伴い発生し、工程や作業環境の問題から種類ごとに分別が徹底できず混合状態で排出されることが多く、再資源化の妨げとなっています。
 産業廃棄物処理業者は、これら増え続ける混合廃棄物を適正且つ高レベルで中間処理し、再生利用可能な資源の回収と最終処分量の抑制への取り組みが不可欠となっています。

三和興業の特長

施設紹介はこちら

POINT1

解体工事から最終処分まで、
各工程をすべて徹底管理

 私たちは解体工事から産業廃棄物の収集運搬・中間処理・最終処分までの各工程をすべて自社にて一括対応。品質面とコスト面での高いパフォーマンスをご提案できます。

POINT2

限りある資源を徹底して選別。
産業廃棄物を適正且つ効率的に中間処理します。

 産業廃棄物は、「中間処理」を効果的に行えば、再利用・再生利用の幅が格段に向上します。当社処分場では、分別困難な混合廃棄物を高度選別処理システムを主体に適正且つ効率的に中間処理し、高いレベルで限りある資源を回収することができます。

POINT3

再利用できない廃棄物は、
自社の最終処分場にて安心・安全に処理いたします。

 複合材などの再資源化が困難なもの、石綿含有産業廃棄物のように成分上・法令上再利用できない廃棄物は、自社の最終処分場にて安全に埋め立て処分いたします。

POINT4

各種リサイクル製品の生産と供給。
産学共同研究開発。

 再生砕石などのマテリアルや木質チップ・RPFなどのサーマルリサイクル材の生産と供給を行っています。製品のラインナップには、公的認定を受けた高品質製品や、産学共同開発の独自製品もあり、安心してご使用いただけます。

POINT5

福岡市内から車で約30分圏内。
365日24時間体制可能。

 当社リサイクルセンター及びエコセンターは、福岡市内から車で約30分圏内の好立地。迅速な対応が可能です。好立地でありながら、操業時間等の制約が少ないエリアですので、お客さまのご要望があれば、365日24時間体制で対応いたします。

お客さまからの主なニーズ一覧

事業実績はこちら

  • 産業廃棄物収集運搬
  • 産業廃棄物処分(中間処理・最終処分)
  • 中間処理リサイクル
  • コンクリート・アスファルトのリサイクル
  • 木くずのリサイクル
  • 石膏ボードのリサイクル
  • 再生砕石、Fe石灰処理土の製造販売
  • 真砂、建設資材の販売
  • 建設発生土(残土)処分
  • 土壌汚染対策

事業内容

ページ先頭へ